So-net無料ブログ作成
検索選択

呼吸法で吃音を改善する? [吃音症]

吃音の改善には、正しい呼吸を行うことが必要になります。

正しい呼吸法とは、一般的に腹式呼吸のことを言います。腹式呼吸は、息を吸うとお腹が膨らみ、吐いた時にはお腹が凹む呼吸法です。




胸や肩が息で押し上げられ、リラックス効果が得られます。吃音は緊張することで、症状の悪化へと繋がりますので、リラックスできる腹式呼吸で呼吸することは吃音の緩和にとても効果的です。

逆に、胸式呼吸で呼吸をすると、交感神経を刺激し、身も心も緊張状態になってしまうでしょう。

吃音の症状のある人の多くは胸式呼吸であると言われており、人前に出て緊張し、焦れば焦るほど胸の一部でしか呼吸ができなくなります。

そして、交感神経が高ぶった状態が続くことで、吃音が悪化してしまうというわけです。

不自然な呼吸になるのを防ぐためにも、意識して腹式呼吸を取り入れてみてください。

腹式呼吸のやり方は至って簡単です。

誰でも手軽に、お金をかけずに実践できるので、ぜひ試してみてくださいね。

まず、お腹に手を当てて、息を吸う時にお腹に意識を集中して膨らますようにします。

吐く時は、細く長くゆっくりと息を吐いてみましょう。

そこでお腹が凹んでいけば、腹式呼吸ができていると言えます。

吃音の人でも、カラオケに行って歌っている時には症状が出ない人がいます。

カラオケで歌っている時には、腹式呼吸によって息を吐き、お腹から声を出すことができているためです。

他にも、腹式呼吸はヨガの呼吸法や座禅の呼吸法としても有名でしょう。

心を落ちつける、リラックスさせるという点で共通していますよね。

吹奏楽器の演奏者や歌手なども、最初は腹式呼吸の練習をするほど、日常で多く使われている呼吸法になります。



nice!(5) 
共通テーマ:演劇

nice! 5