So-net無料ブログ作成

強迫性障害ってどんな病気?治療法って? [心の不安]

精神疾患の中でも、強迫性障害というのは比較的知名度が高いと思います。実際に強迫性障害ってどんな病気なのかというと、他の人が気にならないような小さなことが執拗に気になり(強迫観念)、ストレスを感じてしまう病気です。




気にしないようにしようとすると、それも却ってストレスになります(強迫症状)。

OCDともいわれます。

一般的な強迫症状としては、以下が挙げられます。

・汚染洗浄・・・よく知られている症状で、一日に何度も手や体を洗わないと気が済まない。不潔と感じているものに触るのを極度に嫌がる。
・確認強迫・・・家の鍵やガスの元栓などを閉めたかどうかが執拗に気になる。何度も戻って確認するなど。
・ルール・・・きちんと几帳面に整理整頓されていないと気が済まない。例えば、自分の作ったルール通りに本が並んでいないと我慢できないなど。
・縁起・・・縁起をやたらと気にする。宗教の教えにひどく忠実。これを行わないと悪いことが起こると過度に気にしたりする。
・数字・・・縁起の悪い数字を過度に避ける。
・加害・・・自分のすることによって、他人に危害を加えてしまうことを過度に気にする。実際は何もなくても無意味に考えすぎる。 

ここに挙げたのは一部で、人によってその症状は様々です。

複数の症状が重なって発症している場合もあります。

強迫性障害を治療するには、精神科か心療内科を受診します。

抗鬱剤(SSRI)を使った薬物療法と行動療法(曝露反応妨害法)が行われることが多いでしょう。



nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0