So-net無料ブログ作成

急性ストレス障害ってどんな病気?治療法って? [心の不安]

急性ストレス障害って、どんな病気か知っていますか?これは、過酷な状況(災害・戦争・犯罪・事故・虐待など)を体験した後に現れる精神障害です。心的外傷後ストレス障害(PTSD)と同様に、悪夢や精神不安定、無気力、脱力感などといった精神的症状に悩まされるでしょう。




心的外傷後ストレス障害は、1ヶ月以上に渡って症状が続くものをいいますが、急性ストレス障害は心的外傷後1ヶ月以内に発症し、2日から4週間で症状が治まる一過性のものをいいます。

一般的には、ASDとも呼ばれています。主な症状としては、

・悪夢
・感覚の麻痺や感情の麻痺
・空虚感
・注意力散漫
・興味の喪失
・記憶力の低下
・フラッシュバック
・不眠症状
・心的外傷要因の記憶の喪失
・不安症状
・自殺願望や自傷行為

などがあげられます。

心的外傷の要因が、衝撃的で強烈であればあるほど発生しやすいでしょう。

急性ストレス障害は、様々なことが要因で起こりうるので、実際に体験した方も少なくないはずです。

場合によっては、強烈で過酷な状況を間近でみていただけでも起きる可能性があります。

治療方法は、症状が出ている期間に渡っての薬物療法や行動療法です。

カウンセリングなどで様子をみる場合もありますが、特に自殺願望や自傷行為があるようなら、早急に治療が必要です。

急性ストレス障害は、一過性のものなので、PTSDに比べると予後もよいでしょう。

ただし、時としてPTSDに発展する場合もありますから、充分に気をつけた方がいいですね。



nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0