So-net無料ブログ作成
検索選択

あがり症で処方されるのはどんな薬? [赤面症概論]

あがり症で処方される薬は、主に次の2つです。

・インデラル
・デプロメール




インデラルというのは、もともと心臓病の薬として処方されていましたが、あがり症にも効果があるということで、処方する病院も多いです。

インデラルを服用することによって、あがり症の代表的な症状でもある心拍数の上昇を抑制することができます。

心拍数の上昇を抑制することで緊張を軽減することができるので、声の震えや冷や汗などを改善できるでしょう。

また、デプロメールもインデラルと同じような効果を発揮するため、よく処方される薬です。

ただ、これらの薬はあがり症の症状を改善できるだけで、治るという訳ではありません。

そもそもあがり症は病気ではないので、治療薬というものは存在しないのです。

薬に頼るのは悪いことではありませんが、根本的な解決にはなりませんから、自分で治そうという意識が必要になります。

あがり症を克服するには、緊張する場にあえて何度も挑戦して、慣れるというのが一番ではないでしょうか。



nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0